ひろき保育園

☆おはなしおはなし!~こあら組~☆
更新日:2018年11月20日

 

絵本を見ることが大好きなこあら組さん。

集まりの際だけではなく、室内遊びの中でも自らお気に入りの絵本を手に取り、目をキラキラと輝かせながら絵本を読む姿が見られます。

12

34

絵本を読む中で、「見て、車だ!」「飛行機飛んでるね。」と物の名前も多く覚え、保育者に教えたり、友だち同士で一緒に見ながら、「○○ちゃん、はいどうぞ」と食べ物のページを広げピクニックごっこを行ったりと絵本から様々な遊びを発展させていく子どもたち。

78

910

12

絵本を見て、毎日いろいろなことを発見をするこあら組さんでした!

 

☆ブロックで遊んだよ!~ひよこ組~☆
更新日:2018年11月19日

 今日は、室内でブロック遊びを楽しんだひよこ組さん。

赤や黄色、緑、青の色とりどりのブロックを手にとると思い思いに遊ぶ姿が見られています。

友だちや保育者と「はい、どうぞ!」と受け渡しをしたり、隣同士に座ると友だちの真似をして重ねたりと子どもたち自身で遊びの幅を広げることが増えてきました。

13118912

また、「しゅっしゅっぽっぽー」と車を走らせようとする姿も見られてきています。

101514

今月の歌の時間に歌っている「線路は続くよどこまでも」を歌うと、体を揺らしたり「ぽっぽー」と声に出したりしながら、すっかり歌が大好きになった子どもたち。

玩具を使いながらも、様々なことに興味、関心を持ち始めているひよこ組さんでした。

☆落ち葉のシャワー~きりん組~☆
更新日:2018年11月17日

 今日は、森の広場で活動しました。

活動開始早々「わ!キノコがある。」「きれいな形の葉っぱが落ちてる!」と様々な発見をする子どもたち。

「よし、図鑑で調べてみよう!」と図鑑で名前や謎の物体の正体を調べる姿も見られました。

1 8

みんなで落ち葉を集めて遊具の上から降らす遊びがスタートすると、「みんな落ち葉集めて!」「私は落ち葉降らせる人」「私は下にいるね。」と子どもたち同士役割分担をして準備を整えます。

37

準備ができると「行くよ!」と降らせる役の子から声がかかり、落ち葉が降ってきます。

4 5

下に待ち構えていた子からは「わあ!」と歓声があがったり「1枚掴まえたよ!」と嬉しそうに話したりするする姿が見られました。

6

帰る時間には「あ~楽しかった。」「いっぱい遊べてよかったよね!」と嬉しそうに話す子どもたちでした。

11月12日(月)~11月17日(土)の給食献立写真☆
更新日:2018年11月17日

11月12日(月)~11月17日(土)の給食献立写真☆

 ぜひ、ご覧ください。

11月12日(月)
12 getu
白身魚の西京焼き
わかめサラダ
かぼちゃポタージュ
12 getu oyatu
パウンドケーキ
スキムミルク

11月13日(火)
13 ka
高野豆腐と牛肉の煮物
ふわふわ卵の中華スープ
13 ka oyatu
バナナ
ドーナツ
みかんヨーグルト

11月14日(水)
14 sui
タンドリーチキン
大コーンサラダ
わかめの味噌汁
14 sui oyatu
キャロットホットケーキ
スキムミルク

11月15日(木)

15 moku
ちゃんぽん
野菜の胡麻酢和え
牛乳
15 moku oyatu
パッピーターン
バナナヨーグルト

11月16日(金)
16 kin
親子丼
きゅうりの中華漬け
りんご
16 kin oyatu
厚揚げのお好み風
スキムミルク

11月17日(土)
17 do
チキンカレー
山吹き和え
17 do oyatsu
ドーナツ
ハッピーターン
スキムミルク

☆木にぶら下がってる虫はなーんだ?~うさぎ組~☆
更新日:2018年11月16日

うさぎ組では、ミノムシ製作をしました。

紫の花紙を千切って、ミノムシの服を作っていきます。

4 1

「ミノムシ見たことある!」「糸でぶら下がってるんだよね。」と、ミノムシについて話しながら上手に貼っていく子どもたち。

5 2

その後は、枝に見立てた毛糸をくっつけていき、かわいいミノムシの完成です!

3 0

「ミノムシ今後探してみようっと。」と、製作をする中で、秋の虫のミノムシに興味津々になったうさぎ組さんです。

☆きれいに洗おう~りす組~☆
更新日:2018年11月15日

 少しずつ気温が寒くなってきていますが、元気に戸外に出て体を動かす子どもたち。

手洗いの仕方が載っているポスターを見ながら手を洗う順番を確認します。

1 2

手の洗い方が、確認できたら水道の前に立って念入りに手を洗う姿が見られます。

「こうやって洗うんだよね。」、「次は、指先だよ。」と、友だち同士でも確認をし合いながら手を洗っていきます。

6 5 4 3

「丁寧にできたよ。」、「バイキンいなくなったね。」と、丁寧に手洗いをするりす組さんでした。

 

☆おさかなツリー~きりん組~☆
更新日:2018年11月14日

 今日は、鹿児島水族館におさかなツリーの飾りつけに行ってきました。

子どもたちが作った魚とタコの飾りをツリーにさっそく飾り付けていきます。

「ここに魚と、こっちにタコを付けよう!」「ここが寂しいからここに付けたらいいかも!」と

子どもたちでバランスを見ながら飾りつけをしていきます。

23

131

ツリーの飾りつけが終わったら、イルカショーの見学です。

「すごい!くるくる回ってジャンプしてる!」「イルカって泳ぐの早いんだね!」と大興奮な子どもたち。

67

イルカショーの後は、館内の見学をしていきました。

魚の名前を1つひとつ確認しながら魚の名前や動きを観察していきます。

「口をパクパクして何か食べてる!」「ここに隠れてるよ!」と水槽をじっと見つめます。

89

45

館内を堪能した後は、お待ちかねのおにぎりの時間です。

「昨日から鮭おにぎりって決めてたんだ!」「今日はお魚の、のりがついてるんだ!」と嬉しそうに食べる子どもたち。

14101112

「今日はたくさん魚見れて楽しかった!」「今度、お母さんとお父さんと一緒にツリー見に行こう!」と笑顔で話すきりん組さんでした。

☆よーいどん!~ぱんだ組~☆
更新日:2018年11月14日


戸外は少しずつ寒くなってきましたが、元気いっぱいのぱんだ組さん。毎日の戸外活動が楽しみな様子です。

進級に向けて戸外での集まりや体操、かけっこを始めました。

戸外にでると「よーいどんする!」「線から出ちゃダメだよ。」等、友だち同士の会話が聞こえてきます。

自分の名前が呼ばれると、手を挙げて「はい!」と元気よく返事をする子どもたち。

「いちについて、よーい」と言うとスタートのポーズをとります。

DSCF7330  DSCF7327

合図が鳴ると力強く元気いっぱいに走るぱんだ組さん。園庭を一生懸命走ります。

「やった!一番だったよ。」とかけっこが大好きな子どもたち。

DSCF7331P1030579 - コピー

走り終わったら座って友だちを応援します。「がんばーれ!って、応援するんだよ」「かっこよく座って待つんだよね。」と、応援も一生懸命に行います。

P1030582

「かけっこ楽しかった。明日もしたいな!」と明日のかけっこにやる気いっぱいのぱんだ組さんでした。

☆保育参加 ~こあら組~☆
更新日:2018年11月14日

 

今日はこあら組の保育参加が行われました。

お父さんお母さんと一緒に登園すると、いつもと違う雰囲気に少しドキドキしながらも、とても嬉しそうな表情を見せる子どもたち。

普段行っている朝の集まりを見て頂き、親子ふれあい活動スタートです!

保育参加1保育参加2

活動では、ゆったりとした空間でのふれあい活動や子どもたちが好きな曲に合わせての親子体操を行い、お父さんお母さんに体を擦ってもらったり、一緒に踊ったり等して親子でのふれあい活動を行いました。

親子でスキンシップを図っていくにつれ、少しずつ子どもたちの緊張も和らいできたのか、ニコニコ笑顔で取り組む姿が見られました。

保育参加3保育参加4

保育参加5保育参加6

保育参加916

保育参加14保育参加13

保育参加118

着脱や食事では、園での取り組む姿を実際に見て頂きました。

「できるから見てね!」と自信満々な様子の子どもたち。

保育参加7保育参加8

保育参加11保育参加17

保育参加19保育参加20

「自分で上手に着替えたり、畳んだりするのですね。」「野菜も食べているんですね。」と子どもたちの園での様子を見て成長に驚かれている様子でした。

 

今回の保育参加を通して子どもたちの成長を感じることができたのではないでしょうか。

今後も保護者の方と一緒に子どもたちの成長を見守っていきたいと思います。

お忙しい中ご参加いただき、ありがとうございました。

 

☆子育て支援室で遊んだよ~ひよこ組~☆
更新日:2018年11月12日

今日は、久しぶりに子育て支援室で活動を行いました。

くねくね棒を持ち上げたり、トンネルの中を入ったり意欲的に活動へ参加する子どもたち。

32

トンネルの中では、子どもたち同士で「いないいないばあ」をして楽しむ姿が見られました。

65

マットの上に乗り、体を左右に動かしたり、「あーあー」や「おーおー」と声を出したりしながらリズム良く体を動かすひよこ組さん。

41

外も少しずつ寒くなりますが、子どもたちが十分に室内活動を楽しむことができるよう工夫していきたいと思います。

 

1 / 16612345...102030...最後 »