はるやま森の保育園

園外保育について~保護者の皆様へ~
更新日:2019年06月11日

先月大津市で起こった園外保育中の事故を受け、園外保育の在り方について改めて検討する会議を開きました。

自園におきましては、園外保育を完全に廃止するのではなく、子どもたちの安全を第一とした目的地や職員配置などを再検討しています。

つきましては、子どもたちの安全を確保するうえで、再検討致しました内容を下記にお知らせします。

 

・目的地までのルートを再度確認し、子どもたちにとって安全を第一に考えた目的地、ルートに変更します。

DSCN892DSCN893

・各園外行事において、3名以上の職員を配置し、前方、中間、後方の安全確認を徹底します。年齢によっては3名以上、園外経験の多い職員を配置します。

また引率職員は、車の運転手への注意喚起として蛍光色のベスト着用、誘導棒、横断旗を使用します。

DSCN8896DSCN8918

DSCN8900DSCN8921

DSCN8913DSCN8923

・子どもたちが園外保育のルール、職員との約束事を守り、危険予知ができるよう、今まで以上に保育を通して園外保育の練習を取り入れます。なお、園生活や園外保育の練習を通して、安全の確保が十分でないと考えられるお子様につきましては、安全を第一とした活動に変更させて頂く場合がございます。その都度担任からお声掛けさせて頂きます。

 

・おたよりの行事予定表の欄に、園外保育の目的地や職員の引率人数等をお知らせ致します。

今後も子どもたちの安全を第一に考えた園外保育に努めて参りますので、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

ご不明な点がございましたら、お声掛け下さい。