はるやま森の保育園

亥の子もち作り ~うさぎ・きりん組~
更新日:2011年12月14日

11月24日の久しぶりのクッキングでは、’亥の子もち’作りをしました。
事前に亥の子もちの説明をするとみんな興味津々でした。亥の子もちは旧暦の10月(今の11月)の亥の日の夜10時に食べるものだそうです。万病除去や子孫繁栄などの意味があるそうです。
意味もなんとなくではありますが、子ども達も覚えていました。おうちでも覚えているか聞いてみてください。クッキングでは、水の量に気を付けながら慎重に作っていました。

みんながこねた団子のなかに、丸めたあんこを入れイノシシの形に作りました。
あんを包むことが少し難しそうでしたが、みんな頑張っていました。

蒸しあがった亥の子もちは、おやつの時間にいただきました。「おいしい~~」とあっという間に食べ終わっていました。