はるやま森の保育園

サンタさんくるかな・・・①  ~うさぎ・きりん組~
更新日:2011年12月14日

12月になりました。
子ども達はすっかりクリスマスモードです。
うさぎ・きりん組のサークルタイムでは、サンタさんやクリスマスの話題で盛り上がっています。
11月のある日のサークルタイムで、「サンタさんがもしクリスマスの時にプレゼントをもってきたらプレゼントのお返しはどうするの?」と意見がでて「サンタさんにも何かプレゼントをしようよ!」と話し合いが始まりました。
そこで、うさぎ・きりん組さんの話し合いの中で、劇や歌をしようということになりました。

劇の題材を決めるまで1週間・・・。毎日長時間の話し合いが行われました。
毎日毎日みんなで話し合いますが、本当に決まらず何日も話し合いが続いていたある日・・・
「もうサンタさんに決めてもらうが!」と一人の子どもからでてきて、全員一致(笑)
サンタさんに決めてもらうことになりました。

その時点で題材は2つに絞られていたので多数決をとりました。
さっそく、手紙の書ける子どもはサンタさんに手紙を書きました。
『サンタさんへ
サンタさんは、ぐりとぐらのお話と魔女のお話のどちらかがいいですか?』

そのお返事を急いで書く私・・・ではなくサンタさん・・・。もちろん子どもを裏切らないためにも、慣れない英語を他の職員に聞きながらかきました。

夕方には、お返事を張り出しました。
すると・・・!
「うわあああああ!サンタさんから手紙が来てる~~~」と子ども達!
予想以上に喜び、大興奮でした!
そして、みんなの純粋にサンタさんを信じる気持ちがとてもほんわかと温かい気持ちにさせてくれました。

↓下の写真は、サンタさんからのお返事に大喜びの子ども達の様子です。
あまりの嬉しさに、園長先生にも「早く来て!!サンタさんから手紙がきてるよ!!」と教えてあげていました。