はるやま森の保育園

運動遊び~りす・うさぎ・きりん組~
更新日:2016年06月07日

今日は運動遊びの日!

天気がよく、初めて園庭に裸足ででることができました。

芝生の気持ち良さを感じながら、元気いっぱいに体を動かしました。

りす組は、まずは芝生の上で準備運動を行い、寝転がるなどして新しい芝生を感じながら運動遊びがスタートしました!

「気持ちいいね。」「やわらかーい!」等と、芝生に大喜びの様子の子どもたち。

 

そして今日は、初めて鉄棒に挑戦しました!

まずは、「サルになるよ!」という副島先生の掛け声で鉄棒にぶら下がります。

笑ってる子や一生懸命耐えている子など様々な表情が見られました。

見事、10秒間ぶら下がることができました!

 

 

最後に、トコトコ周りをしました。

頑張って駆け上がってくるりんと回ることができると、「やったー!」と喜ぶ子どもたち!

 

 

「次はどんな鉄棒の技に挑戦するのかな。」と期待が高まるりす組さんでした。

 

うさぎ組では、芝生の感触に「運動遊びも頑張るぞ」と気合十分で運動遊びがスタートしました。

うさぎ組では、今日鉄棒に挑戦しました。

まずは、鉄棒に慣れるようにぶら下がりから始め、鉄棒の握り方や危険性についてもみんなで触りながら覚えて行きます。

 

鉄棒では、”足かけ回り”に挑戦しました。

「難しそう」「ちょっと怖いな」と緊張や不安でいっぱいの子ども達でしたが、練習を重ねるごとに「やってみよう!」「次こそはクルっと回るぞ」と積極的に挑戦していく姿が見られました。

  

  

「がんばれー」と果敢に挑戦する子ども達に、順番待ちしている友だちからも応援が聞こえてきます。

補助なしの足かけ回りができるように日頃の活動にも取り組んでいきたいと思います。

 

きりん組では、鉄棒に挑戦!

まずは前回りです。

布団のようにパタンと体を折り畳み、両足をしっかりと曲げて着地します。

 

 

ほとんどの子どもたちができるようになり、今度は”忍者降り”の練習に入りました。

両腕の力を使って、着地でバタン!と音が鳴らないよう、集中して降ります。

「筋肉いっぱい使うね!」と、男の子たちはムキムキポーズも練習!

次に逆上がりに向けて、脇をしめながら両腕に力をつけるぶらさがりを特訓しました。

 

これがなかなか難しく、自分の体を腕だけで支えることが難しいようです。

「もっと練習しなきゃ。」と、子どもたちの中で課題を見つける姿が見られました。

逆上がりに向けて、きりん組でも鉄棒の活動を取りいれていきたいと思います!