はるやま森の保育園

お父さん、お母さんとお出掛け!~きりん組~
更新日:2016年07月21日

今日は子どもたちが楽しみにしていた保育参加の日!

まずは朝の集まりです。

いつも子どもたちが体力作りのひとつとして日々取り組んでいます。

DSCF8274

整列、機敏な行動など、年長児として頑張っていることも意識しながら保護者の皆様も一緒に参加して頂きました。

「まっすぐ並んでるかな?」、「前を見ながらするんだよ。」など、

子どもたちで声を掛け合って集団を高め合う姿も見られました。

朝の集まりが終わったら、じゃんけん列車です。

子どもたちが興味のあるじゃんけんにルールをつけることで、

楽しんで取り組んでいる活動のひとつです。

DSCF8283DSCF8286

DSCF1224

やきいもの歌を大きな声で歌いながら、出会った人とじゃんけんをすると…

最後に長い1列が出来上がりました!

全てのじゃんけんに勝った友だちに大きな拍手を送ります。

次にサークルタイムです。

DSCF8290DSCF8292

きりん組で意識している”聞く”ということの大切さ、

約束を守ることで自分の身を守ること、

園外保育で気を付けることなど、子どもたちの取り組みについて話をさせて頂きました。

保育者の話だけでなく友だちの発表を”聞く”ことで、

「こんな意見もあるんだ。」、「僕はこう思ったけど、○○君は嫌な気持ちがするんだ。」と、

人の考え方を知るきっかけになります。

また”聞く”ことを楽しめるように取り組んでいる音遊びやクイズの活動も見て頂いたので、

是非ご家庭でも取り組んでいただけたらと思います。

次に園外保育の約束事を意識しながら、実際にお茶の里まで行きました。

DSCF8299DSCF8306

DSCF8302DSCF8304

DSCF1226

「ママが白い線出たらどうしよう!」、「信号が赤になったら進まないんだよ!」と、

子どもたちが保護者の方に教える姿も見られました。

園外保育を楽しみながらも、たくさんの約束を意識していることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

帰園後は、キャッチボール、ドッジボールです。

運動遊びを通してボールの投げ方を学んだり、

友だちとボールを共有したりすることを楽しんでいるところです。

A、Bチームの子どもたちの白熱した試合では、

投げる、逃げる、当てるなど、ボールに意識を集中させながら一生懸命取り組んでいました。

DSCF8316DSCF8322

負けたAチームには悔し泣きをする子も。

子どもたちの試合を終え、今度は保護者の皆様同士の試合を行いました。

「久しぶりで緊張する~!」と言っていた方も試合が始まれば全員本気!

DSCF8325CIMG1003

CIMG1004CIMG1012

ボールに当たらないような逃げ方、狙ったボールの投げ方など、

子どもたちにとっても、勉強になったようです。

大人になってドッジボールをする機会もなかなかないと思うので、

「楽しかったです!」とのお声をたくさん頂きました。

終わりのサークルタイムでも「○○ちゃんのママが最後まで残っててかっこよかったです!」という発表もあり、

今後のドッジボールにも活かせる部分に気付くことができました。

今日の活動をご家庭でも振り返って、是非取り入れて頂けたらと思います。

今日はたくさんのご参加ありがとうございました!