はるやま森の保育園

運動遊び~りす・うさぎ・きりん組~
更新日:2016年11月01日

 今日は、子どもたちが楽しみにしている運動遊びがありました。

りす組では、前回した助走付き前転の復習からスタートです。

「お尻を高く上げるんだよね!」「おへそを見て回るんだよね!」と、約束事をしっかりと覚えていた子どもたち。

テンポ良く回る姿が見られます。

P1080133 P1080148 P1080151

また、マットを重ねてロールマット前転に挑戦!

高さが増し、勢いをつけて回ったり真っ直ぐ回ったりすることが難しい子どもの姿が見られましたが、一生懸命取り組むりす組さんです。

P1080144 P1080154

最後に鉄棒では、ツバメと前回りの練習をしました。

体を真っ直ぐ伸ばすことができると「見てー!」「やったー!」と、得意気な子どもたち。

鉄棒から手を離さないように、自分で気を付けながら取り組む姿が見られました。

IMG_2733 P1080171 P1080174 P1080176

日々、色々な技に挑戦しているりす組さんです!

うさぎ組では、前回と同様、跳び箱を使った台上前転やマット上でのロールマット前転を行いました。

1 2

何段も重ねたマットの上もほぼ、補助なしで前転ができるようになり「やっとできるようになった」と自信にも繋がってきているようです。

苦手な子も、助走を長くとったり手の位置を少し変えただけでできるようになり、日頃の活動でも「マット活動したい!」と意気込む子どもたち。

3 4

マットで、前転の仕方を振り返りながら台上前転に挑戦です。

6 7 8

マットに比べて、回る範囲が狭くなることで「できるかな」と不安になる子どもたちでしたが練習を重ね、上達しているうさぎ組の子どもたちです。

最後は、鉄棒を使って「逆上がり」を目標に鉄棒にぶら下がる練習。

9 10 11

5秒ぶら下がることでも「難しい」と言いながらも「がんばれ」とみんなで励まし合う、うさぎ組の子どもたちでした。

また、活動にも取り入れていきたいと思います。

 

きりん組では、跳び箱の練習です。

今までの練習で3段を跳べるようになった合格チームは、今回初めて4段に挑戦!

1段上がっただけで迫力が増し、「すごく高く感じる!」と、緊張する姿が見られました。

いざ助走をつけると・・・

u5u6

u2u1

u7u8

「跳べた!」、「お尻があと少しだった!」とそれぞれでコツを掴みながら調整する子どもたち。

副島先生のアドバイスを受け、着地地点にも意識を高めることができました。

合格をもらえなかったチームも一生懸命練習中!

uu4

肩を前に出すことをイメージし、手と足が同時に離れないよう練習に励みました。

「あとちょっと!」とみんなからも励ましの言葉があり、期待が高まっているようです。