ひろき保育園

☆運動遊び~りす・うさぎ・きりん組~☆
更新日:2017年11月24日

今週の水曜日に運動遊びがありました。

りす組では、様々なゲームを行いました。

まずは、副島先生が「お、お、おしり!」と言ったら食べられないように体操座りをし、「お、お、おへそ!」と言ったらウルトラマンになっておへそを隠します!

副島先生の話をしっかり聞いて素早く動くりす組さんでした。

DSCF0831 DSCF0833

次に、二人組になってマットを早くひっくり返す競争を行いました。

「急げ―!」と、勢いよく走り、勝つと飛び跳ねて大喜びする子どもたち!

DSCF0835 DSCF0836

最後に、どちらが早く跳び箱に乗れるかチーム対抗戦に挑戦!

「おっとっと~。」とよろけながらも副島先生のスタートの合図を聞いて張り切る子どもたちでした。

DSCF0842 DSCF0845

DSCF0846DSCF0844

たくさんゲームを行い、「おもしろかった~。」と、大満足な様子のりす組さんでした。

 

うさぎ組では、準備運動やマラソンをして体を温めた後、マット運動と鉄棒をしました。

マット運動では、助走付き前転に挑戦!

「風船バン!」の掛け声と共に、縄跳びでできた風船を両足で割り、

2

手をしっかり付いて・・・

3

くるりんぱ!

4

練習を重ねるにつれてどんどん上手にまっすぐ回れるようになりました。

次の鉄棒では、前回りをしました。

5 0

「上手に回れるかな?」と、不安そうな表情を見せつつも、一度回ることができると

「やった!」「できたよ!」と、大喜びの子どもたちです。

1

好きな運動遊びを通して、体の動かし方がどんどん上達するうさぎ組さんでした。

 

きりん組では、始めにアザラシやブリッヂなどの技に挑戦しました。

何回も挑戦していることもあり、「もうできるよ!」と自信を持って取り組む子どもたち。

1

みんなができているのを見て、「じゃあ、できるお友だちも多いから、足を頭じゃなくて・・・耳までつけてみよう!」と副島先生から新たな挑戦の声が上がると

「よし、やるぞ!」「頭がつけられたから耳までつけられるかも。」「あと少し~」と新たな挑戦にも全力で取り組む姿が見られました。

2

また、友だちと2人1組で背中合わせになって、腕を組み一緒に立ち上がるという挑戦では、「せーの!」と声を掛け合いながら行う子どもたち。

3 4

縄跳びや跳び箱では、これまでの運動遊びの中で行っていたこともあり、子どもたち自身でやり方を掴み取り組む姿が見られました。

765

また、「100回よりも多く跳べた!」「もう跳び箱もできるようになった!」と嬉しそうに話す子どもたち。

運動遊びを通して、できることが増えてきたことに喜びを感じるとともに、次はどんなことに挑戦するのか楽しみでいっぱいなきりん組さんです。