ひろき保育園

☆しゅぽぽー!列車が走ります!~りす・うさぎ組~☆
更新日:2017年12月02日

今日は、みんなが大好きなおむすびの日です!

天気にも恵まれ、りす組とうさぎ組で広木第三公園まで歩いていきました。

「道路の端っこを歩くんだよ。」「気を付けてね。」と、りす組の子どもたちの手を引きながら優しく教えてあげるうさぎ組の子どもたち。

11 13

声を掛け合いながら、横断歩道も安全に渡ることができました。

公園に着いてからは、一緒にジャンケン列車をして遊びました。

「森のくまさん」や「さんぽ」の歌に合わせて列車になりきり、目の前の友だちとジャンケンポン!

1 0

「わあ!列車が長くなってきた!」「すごい、すごーい!」と、どんどん長くなる子どもたちの列車に大興奮です!

5 4

ジャンケン列車を通して、違うクラスの友だちとの交流を楽しむことができました。

3

ジャンケン列車のあとは、りす組、うさぎ組それぞれクラス毎で遊びました。

りす組では、公園の遊具を使って体を動かして遊びます。

10 9 8 12

「ここ登れるかな?」「滑り台すごく早く滑るよ!」と保育園とは違う遊具に目を輝かせる子どもたち!

中でも人気だったのが、ブランコです。

7 6

「自分で動かせるんだ!」「ゆらゆらして楽しい!」と、ブランコの楽しさを十分に味わうことができたようです。

うさぎ組では、けいどろや虫、貝殻探しをしました。

けいどろでは、「僕が捕まえてくるから、見張ってて!」「捕まっても逃がしてあげるからね!」と、それぞれの役割を楽しむ姿が見られました。

1 2 3 6

虫、貝殻探しでは、「バッタいるかな?」と、草むらを一生懸命探したり、「この貝殻おうちの人に見せてあげるんだ!」と嬉しそうに貝殻を集める子どもたちです。

4 5

いっぱい体を動かして。もうお腹はペコペコです。

みんなで一緒に手を合わせて「いただきます!」

15 14

大好きなおにぎりをパクッと食べて「今日もおにぎり美味しいね。」「今日は自分で作ったんだ!」と、

会話を弾ませながらお腹いっぱい食べることができて、大満足のりす組とうさぎ組でした。