ひろき保育園

☆運動遊び~ぱんだ・りす・うさぎ・きりん組~☆
更新日:2018年02月22日

 子どもたちがいつも楽しみにしている運動遊び。

 

ぱんだ組では、まず楽しみながら準備運動です!

十分に体がほぐれたところで、マットを使って前転の練習をしました。

12

手を真っ直ぐ伸ばすことや、おへそを見ること、お尻を高く上げることなど、

副島先生の話をしっかりと聞いてすぐにコツを掴む子どもたち!

 

前転の後は、副島先生のマット怪獣を押して倒すゲームをして楽しみました。

34

勝つと、「やったー!」とジャンプして大喜びのぱんだ組さんです!

 

りす組では、縄跳びとボール遊びをしました。

縄跳びでは、前回に引き続き前跳びに挑戦!

「回して、飛行機!」の掛け声とともに、一生懸命縄を回します。

DSCF4090 DSCF4091 DSCF4092 DSCF4093

「難しい~。」と苦戦しながらも頑張る子どもたちでした!

ボール遊びでは、爆弾ゲームをしました。

ボールから目を離さず、必死に逃げるりす組さん。

IMGP9796 IMGP9800

最後まで逃げ切ることができると、「やったー!」と大喜びの子どもたちでした。

 

うさぎ組は跳び箱を行いました。

初めて見る跳び箱に大興奮の子どもたち!

跳び箱を跳ぶためにまず、うさぎ跳びの練習です。

”手、足、前!”と掛け声に合わせて体を動かしていきます。

10

「難しい。」「足が手より前にうまくいかない。」と苦戦しながらも練習をしてくうちにどんどんできるようになりました!

うさぎ跳びができるようになると早速、跳び箱に挑戦です。

3254

”手、足、前!”と副島先生に教えてもらったように体を動かすと、上手に跳ぶことができました。

「やったー!」「できた!」と嬉しそうな子どもたち。

「もっとできるようになりたいな~。」「また、やりたい!」と次の運動遊びにもやる気満々なうさぎ組さんです。

 

きりん組では、跳び箱に挑戦しました。

まずは「手、足、前」の跳び方の復習を行い、3段からスタートです。

「はい!」と元気な掛け声で助走をつけて踏み込み、跳び箱を跳んでいく子どもたち。

   4 1 2 3

上手く着地ができると「できた!」「やった!」と喜びの声も聴かれました。

また、5段にも挑戦です!

見事成功すると見ている子からも「すごかったね!」「成功!」と拍手や歓声が上がっていました。

 

また、跳び箱と並行してボール投げの練習をしました。

「先生見ててよ!」「赤いマットに当てるからね!」と気合十分、赤いマット目掛けてボールを投げる子どもたち。

8 9 7 

投げる練習をしたこともあり、ドッヂボールでは勢いのあるボールが飛び交い、白熱した試合となりました。

5 6

「跳び箱楽しかったよね。」「今度はもう5段跳べるようになってるかも。」「島ドッヂまたしたいね。」など今日の運動遊びを笑顔で振り返るきりん組さんでした。